BLOG:夢幻錬金炉

アクセスカウンタ

zoom RSS 【グループ展】「毒展〜Art of the Living Dead R〜」

<<   作成日時 : 2014/07/29 20:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

毒展〜Art of the Living Dead R
画像
7/19〜27 15:00〜22:00
カフェギャラリー幻(東京都文京区千駄木2-39-11)

毒をテーマにしたグループ展。

新作2点出品。

画像
"Antimony"(Ink on paper)
(「アンチモン」)
アンチモンは元素番号51の金属である。
中世の修道士で錬金術師のバシリウス・ウァレンティヌスはこの金属の激しい毒性について言及している。
嘔吐を伴うものだが、一方、硫黄と共に熱すると様々な色が現れることから、錬金術師はこの金属を、大いなる作業即ち賢者の石を作る作業にとって重要な物質であると考えていた。
大いなる作業には、基本的に黒化(ニグレド)、白化(アルベド)、赤化(ルベド)という色の変化を伴う。これはそれぞれ、死、生、再生を象徴しており、またそれぞれ、髑髏やカラス、白鳥、不死鳥で表現されることが多い。
毒物であると同時に、物質を聖なる物にする力を秘めたものである。


画像
"Poisoned Heart"(Ink on paper)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
--LINK--
黒田麓ペン画ギャラリー
夢幻錬金炉

twitterID:Kroda666
----------
匣ノ匣
タコシェ TACO chè
IFAA-国際幻想芸術協会-
IFAA NEWS
逆さ「ノ」エデン。
【グループ展】「毒展〜Art of the Living Dead R〜」 BLOG:夢幻錬金炉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる